雑誌読み王大完全ガイド5

  1. >
  2. 電子書籍の方が利点は多い。

電子書籍の方が利点は多い。

電子書籍では以前漫画を何度か購入したことがあります。

きっかけは「1話無料」などで立読みし、続きが気になった、というのが多かったと思います。

またわざわざ書店に買い行くのも面倒だな、と思い電子書籍を購入したこともあります。

お店に買いに行かなくても読める、場所をとらない、電車の中などどこにいてもいつでも読みたいときに読みたいものが読める、など利点はたくさんあると思います。

ただ私が利用したものは、通常書店で購入するよりは割高だったかなという印象です。

しかし最近は『登録すれば読み放題』などもあるようなので、上手く利用すれば電子書籍の方が利点も多く便利なのかなと思います。

電子書籍なら、電車の中でも人目を気にせず読書ができる

主にamazonで電子書籍を購入しています。

心理学などの本が好きで、自分の悩みについて役に立ちそうな本などをよく読むのですが、表紙やタイトルで自分の悩みがわかってしまいそうで、なかなか電車の中など、人前で読書ができませんでした。

電子書籍なら、携帯やタブレット上で読めるので、画面をのぞかれるようなことがなければ、表紙を人に見られることもなく、読書ができるのでとても便利です。

amazonの電子書籍は、サンプルを無料で取得できるものが多いのも魅力の一つです。

私が思う電子書籍のメリットとデメリット

電子書籍のメリットは、本をおく場所に困らないという点、いつでも電子書籍が入っているスマホなどを持てばいつでもどこでも読めるという点だと思いました。逆にデメリットは、本の紙の感覚が感じられない点、電子機器使用のために目への負担が大きい点だと思いました。電子書籍は手軽に本を買い、場所を選ばず読むことが出来るが、インターネット上での完結のためのデメリットがあることを忘れてはいけません。電子書籍に対する価値観に個人差があるにしても、好きな本をどういった方法で読むかは個人の自由であってほしい思いました。

紙の本も好きだけど…!

最近は本の発売日と同日に電子書籍化されていることが多いから、書店に買い行ったり、通販を使用するよりも早く新刊が読めて、とても有難いです。また、電子書籍ならば、一度購入すれば、スマートフォンやタブレットPCなどの携帯端末で本を持ち運べるので、遠出のお供に大量の本を持っていけて、本好きの人間としてはうれしいです。分厚い書籍を読むときも、端末というのは押し並べて紙の束よりも軽量なため、ずっと持っていても手が疲れないのもいいですね。