雑誌読み王大完全ガイド5

  1. >
  2. 電子書籍はまだまだ改善の余地あり

電子書籍はまだまだ改善の余地あり

漫画を電子書籍で読みますが、目が痛くなります。もともと電子書籍向けに作られているものは読みやすいのですが、コミックスをそのまま電子書籍に置き換えたものだと、とても読みづらいです。ただ、気軽に読めたり、本を買うと置き場所に困りますが、場所を取らなくて済むのはとてもいいです。電子書籍専用の端末があればまだ読みやすいのかもしれませんが、スマホだと読むのが大変です。雑誌も電車書籍で読んだことがあるのですが、ローミング時間がかかってイライラします。やはり、雑誌は紙で読むのがいいですね。

手軽で便利です!電子書籍

漫画をよく電子書籍で読んでいます。紙媒体の方が目に優しくて読みやすいかと思いますが、電子書籍の方が、本を置くスペースが要らない点が、利用している1番の理由です。

特に漫画は、連載ものだと巻数が多くなるので、電子書籍はたいへん便利だと感じます。

マイナス点は、漫画ではたまに見開きのページが読みにくいときがあるところです。紙媒体だと迫力があるページなども、電子書籍だとその店が劣ります。

今後は電子書籍で漫画を買う事の方が多くなっていくかと思います。

読書スタイルによって電子書籍と書籍を使い分け

電子書籍ははじめ小説など文章中心の書籍を読むことが多かったのですが、最近は主に漫画を読むようになりました。

漫画はかさばるし、電子書籍で読むので十分かな、と思っています。

一方で小説などは電子書籍用のタブレットを購入しましたが、結局使わずに書籍を購入するようになりました。

長い時間画面に向かって読むのは疲れてしまうのと、読み返すことが多いので書籍の方が私にはあっていました。

今後も漫画は電子書籍、小説などは普通の書籍、というスタイルで行くと思います。

手荷物にならずに手軽に読めるのが魅力

手軽であり、なにより持ち歩くといった点では冊子を持つ事はないので身軽でどこでも読めるというのがメリットだと感じます。ただ、スマートフォンの画面上ですので、大きさにも限界があり、見づらい、読みづらいというデメリットな面もあります。またスマートフォン等の不具合もあると尚更ですし、無料で読めるものの範囲もあったりする場合もあります。充電レベルも気になるところで、画面設定で明るくして読む事が多いですが、その分、充電レベルの消費も早めな気もします。